テニス肘

テニス肘

テニス肘ついて

テニス肘とは?

手や指を伸ばす筋の腱や腱の付く所を痛める疾患でテニスのバックハンドでよく痛めるためテニス肘と言いますが正式には上腕骨外側上顆炎です

手や指を伸ばす筋を頻回に使うことで腱や腱の付着部(付く所)などを痛める疾患です。テニスのバックハンドショットで使用する筋でテニスプレイヤーに多いため『テニス肘』と言いますが、正式名称は『上腕骨外側上顆炎』といい、テニスをしない方でも出現します

はっきりとした原因は十分にはわかっていませんが中年以降の方に多いため年齢による組織の変性が基盤にあると考えられています

テニス肘の症状

症状の程度や痛めている場所によって異なりますが物を掴んで持ち上げたりタオルや雑巾を絞るといった動作で痛みが出ることが多いです

テニス肘の症状は程度や痛めている場所により若干異なりますが……

  • タオルや雑巾を絞ると痛い
  • 物を掴んで持ち上げると痛い
  • 手首や指を伸ばすと痛い

といった運動痛(動かしての痛み)がほとんどです。手術になるケースはほとんどありませんが、慢性化すると手術になってしまうケースもあります。何より日常生活やスポーツへの影響が大きいため早期治療をお勧めします

テニス肘の治療

立体動態波治療

広範囲に痛みがある方や痛みが強い方、アスリートの方には立体動態波治療をお勧めしております

運動療法(JTAフラッシュリプロ療法)

JTAフラッシュリプロ療法は弱くなってしまった特定の筋肉に対し筋力トレーニングを行い使いすぎている筋肉を緩める治療法です。テニス肘の方は手首を曲げる筋肉が弱くなっている方が多く見られるため主に手首を曲げる筋肉をトレーニングします
※あくまで『多く見られる』だけなので違う筋肉が弱くなっている場合もあります

患者様の声

歳 性 さん

当院へ来院された時の症状をお聞かせください

準備中

治療後どうなりましたか?今現在はどうですか?

準備中

スタッフより一言

スタッフ
スタッフ

準備中

タイトルとURLをコピーしました