飯能駅より徒歩3分、接骨・整骨院お探しなら

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

背骨が連なって出来たトンネル状の管を脊柱管せきちゅうかんと言います。脊柱管の中には脳から続く神経の通り道なので非常に重要な場所です

その脊柱管が狭窄、すぼまって狭くなってしまったことで神経を圧迫してしまい様々な症状が出てしまうのが脊柱管狭窄症です

脊柱管が狭くなってしまう理由として大きいのが加齢による骨や靭帯、椎間板などの変性(異質なものに変わる)です。言葉にすると怖く見えますが、一定の年齢から組織は退化してしまうのは当たりまえなので正常と言えば正常です。例えば・・・

  • 骨棘など背骨の変形
  • 背骨のずれ
  • 椎間板が潰れる
  • 靭帯の肥厚(分厚くなる)

などといった組織の変性によって脊柱管が狭くなってしまいます

脊柱管狭窄症の症状

腰の神経のほとんどは下半身の筋肉を動かしたり、痛みなどの感覚を脳に伝える役割をしているので脊柱管狭窄症ではそれらの機能に障害が出てしまいます。坐骨神経も障害されやすい神経の一つです。具体的には・・・

  • 足が痺れる・感覚がない
  • お尻や足に力が入らない
  • 後ろに反ると腰や足の症状が強くなる
  • 前かがみ、座ると楽に
  • 休みながらじゃないと歩けない

といった症状です。特に下の3つ「後ろに反ると腰や足の症状が強くなる」、「前かがみ、座ると楽に」、「休みながらじゃないと歩けない」といった症状は脊柱管狭窄症の特徴的なサインです

特に一番下の「休みながらじゃないと歩けない」というのは間欠性跛行かんけつせいはこうと言い多くの患者さんに見られます。心当たりのある方は脊柱管狭窄症かもしれません

脊柱管狭窄症の治療

残念ながら当院の治療では変形してしまった脊柱管を治すことは出来ません。しかし、変形以外の要因にはアプローチすることが出来ます

実際、変形が強いのに症状が出ない人もいれば軽い変形でも脊柱管狭窄症の症状が出る場合があります。理由の一つは『姿勢』、脊柱管狭窄症の人は前屈姿勢で症状が軽減し、後ろに反ると増強するといった特徴があります

これは脊柱管が姿勢でより狭まってしまうため起こる現象です。他にも腰のインナーマッスルが過緊張を起こしているためにより脊柱管が狭くなっていたり、一時的に神経が損傷しているだけといったケースもあります

つまり脊柱管の変形を治すことが出来なくても症状が改善されることはあるということです                               

立体動態波治療

広範囲かつ深い所まで届く電気を症状に合わせたプログラムで流す治療法です

神経に干渉しやすいプログラムを使って治療をします。広範囲かつ深部に届くため脊柱管狭窄症の患者さんにも多く使っています

お尻や足の痛みや痺れの症状が気になる方は同時にお尻や足にも立体動態波や低周波などの電気治療を行います

JTA療法(関節トレーニング)

運動器疾患のほとんどは、使わなくなって弱くなってしまった筋肉(サボリ筋)とサボリ筋の代わりに働きすぎて過緊張を起こしてしまった筋(ガンバリ筋)によって引き起こります

JTA療法ではサボリ筋・ガンバリ筋を見つけ出し、サボリ筋を鍛えガンバリ筋を緩めることで正常な関節の動きを取り戻し症状を改善する治療法です

腰の特定の筋肉が弱くなる(サボリ筋)と他の筋肉が代わりに働くようになり過緊張を起こします(ガンバリ筋)。この状態が続くことで骨や椎間板、関節や靭帯にストレスがかかり・・・

  • 骨棘の形成
  • 椎間板の後方突出
  • 靭帯の肥厚

といった変性を助長してしまいます。JTAでサボリ筋を鍛え、ガンバリ筋を緩めストレスを減らすことで上記の進行を抑え、正常な姿勢と関節運動を取り戻すことで症状の改善を目指します

鍼治療

鍼をツボや運動器(筋肉や関節、神経など)に刺す治療法です。ツボを打つことで気の流れを整える考えが一般的ですが、当院は筋肉に打つことで筋肉を緩めたり、神経の集中する部位に打ち反射(生理作用)を利用して痛みや痺れを軽減させるといった考えで治療をしています

鍼と聞くと怖く感じる方も多いでしょうが、原因や症状に応じて鍼の太さや長さを選び患者さんの反応を見ながら丁寧に打っていきますのでご安心ください

深い位置にある背骨の周囲の筋肉に直に鍼を刺し、筋肉を緩めることで脊柱管を狭めている椎間板や背骨、靭帯などにかかるストレスを解放することで症状の改善を狙います

また、筋肉はもちろん骨のきわまで鍼を打つため、患者さんの筋肉の硬さや骨の変形などを評価しながら治療をすることが出来ます

お尻や足の痛みや痺れが気になる方は同時に神経のラインに沿って鍼を刺したり、症状が強い場合やなかなか落ち着かない場合に鍼にパルス波(電気)を流すことでより筋肉を緩めたり、痛みを抑制したりなど患者さんの症状に合わせ様々な打ち方をします

タイトルとURLをコピーしました