飯能駅より徒歩3分、接骨・整骨院お探しなら

椎間板性の腰痛

椎間板の腰痛について

椎間板は背骨一つ一つの間にあるクッション性の組織です。椎間板のおかげで腰を曲げたり伸ばしたり、回旋したりといった柔軟性のある動きが行えます。また背骨にかかる負荷の80%前後を椎間板が負担しているとも言われるため人間には欠かせない組織です

その椎間板が耐えられる以上の負荷がかかってしまうと損傷を起こしてしまい、痛みの原因となります

とある研究ではぎっくり腰の痛みの70%近くは椎間板によるものという結果があるほど椎間板の腰痛は身近にあります

姿勢と椎間板にかかる負担

生きた人間の腰の椎間板に直接電極を刺し姿勢によって椎間板にかかる負担を計測した有名な研究があります。その研究結果は・・・

  1. 座位前屈(座った状態で前屈み)
  2. 立位前屈(立った状態で前屈み)
  3. 座位(座っている状態)
  4. 立位(立っている状態)
  5. 臥位(寝ている状態)

の順番で負担がかかっていることが明らかになりました。来院される患者さんも上の様な原因でぎっくり腰になった、上記の動きで痛みが出るといったことをよく訴えている気がします。ぎっくり腰を経験した人の中には合点がいった方もいるんじゃないでしょうか?

余談ですが寝ると身長が一時的に伸びたように感じるのは椎間板が圧力から解放され厚みが増しているからと言われています

椎間板の変性

背骨の負荷の80%前後を負担している組織なので容易には損傷しません。しかし年齢と共に水分が抜けていきクッション性が乏しくなってしまうことで損傷しやすくなってしまいます

20歳頃から変性が進行すると言われているため、学生でぎっくり腰を経験している人は中々いません。また変性が進行するほど潰れやすいため高齢者の方ほど身長が縮んだり、背中が丸くなってしまうのです

また下記の項目に当てはまる方は変性が年齢以上に進行しているかもしれません

  • 親や祖父母などが腰痛
  • 過去に痛めたことがある
  • 椎間板に負担をかける姿勢でいることが多い

椎間板の変性は遺伝性もあるという研究結果があります。また過去に椎間板を痛めてしまったち椎間板い負担が掛かる姿勢をとる機会が多い人ほど変性が進行しやすいと言われています

椎間板の腰痛の治療法

立体動態波治療

広範囲かつ深い所まで届く電気を症状に合わせたプログラムで流す治療法です

痛みの抑制効果の高いプログラムで治療を行います。椎間板は体の深部に位置するため、深く電気の届く立体動態波治療は多くの患者さんにおすすめしています

JTA療法(関節トレーニング)

運動器疾患のほとんどは、使わなくなって弱くなってしまった筋肉(サボリ筋)とサボリ筋の代わりに働きすぎて過緊張を起こしてしまった筋(ガンバリ筋)によって引き起こります

JTA療法ではサボリ筋・ガンバリ筋を見つけ出し、サボリ筋を鍛えガンバリ筋を緩めることで正常な関節の動きを取り戻し症状を改善する治療法です

使えていない腰のインナーマッスルを鍛えることで椎間板にかかる負担を減らすことができます。また、特定の筋肉が過緊張を起こしていると椎間板の内圧を上げてしまい痛みを助長してしまう場合があります

過緊張を起こしている筋肉も同時に緩めることが出来るため相乗効果で痛みを軽減、継続するとより効果が得られ、予防にもなります

鍼治療

鍼をツボや運動器(筋肉や関節、神経など)に刺す治療法です。ツボを打つことで気の流れを整える考えが一般的ですが、当院は筋肉に打つことで筋肉を緩めたり、神経の集中する部位に打ち反射(生理作用)を利用して痛みや痺れを軽減させるといった考えで治療をしています

鍼と聞くと怖く感じる方も多いでしょうが、原因や症状に応じて鍼の太さや長さを選び患者さんの反応を見ながら丁寧に打っていきますのでご安心ください

背骨につく腸腰筋や多裂筋といったインナーマッスルに直に鍼を打ち筋肉を緩めることで椎間板の内圧を減らし、症状の改善を狙います

お尻や足の痛みや痺れが気になる方は同時に神経のラインに沿って鍼を刺したり、症状が強い場合やなかなか落ち着かない場合に鍼に電流を流し強い刺激を加えるなど患者さんの症状に合わせ様々な打ち方をします

タイトルとURLをコピーしました