飯能駅より徒歩3分、接骨・整骨院お探しなら

腰椎ヘルニア

椎間板ヘルニアについて

椎間板とは背骨一つ一つの間にあるクッション性の組織で、椎間板のおかげで腰を曲げたり捻ったりすることが出来ます。また背骨にかかる負荷を80%前後も負担しているとも言われています

椎間板ヘルニアとはその椎間板の中にある髄核というゼリー状の組織が椎間板を突き破って突出してしまったことで背骨の後ろを通る神経を圧迫し、神経症状を引き起こしてしまうことを言います

椎間板ヘルニアの症状

腰の神経のほとんどは下半身の筋肉を動かしたり、痛みなどの感覚を脳につたえる役割を担っているため腰椎ヘルニアにより圧迫を受けるとこれらに異常が出ます。よく聞く坐骨神経もその一つです。具体的には・・・

  • 足が痺れる・感覚がない
  • お尻や足に力が入らない
  • 前屈みになると症状が強くなる

等といった症状があります。また、腰椎ヘルニアの場合の神経症状は片側だけのことが多く両方のお尻や足に症状が出る例はまれです

椎間板ヘルニアの治療

基本的に突出した髄核を取り除くことは手術でしか出来ません。「じゃあ手術しないと治らないの?」と思った方、ご安心ください。ほとんどが保存療法(手術をしない治療)です

髄核の突出した具合により落ち着き方も異なります、あまり突出していない場合は治療と安静によって髄核がある程度引っ込みます。完全に突出している場合も体の防御反応により突出した髄核が吸収されるといった報告が上がってるので治療と安静が重要です

現在の腰椎ヘルニアの治療の主流である保存療法は接骨院が行う物理療法や鍼治療などももちろん含まれます。是非当院へご来院ください

立体動態波治療

広範囲かつ深い所まで届く電気を症状に合わせたプログラムで流す治療法です

神経に干渉しやすいプログラムを使って治療をします。広範囲かつ深部に届くため腰椎ヘルニアの患者さんにも多く使っています

お尻や足の痛みや痺れの症状が気になる方は同時にお尻や足にも立体動態波や低周波などの電気治療を行います

JTA療法(関節トレーニング)

運動器疾患のほとんどは、使わなくなって弱くなってしまった筋肉(サボリ筋)とサボリ筋の代わりに働きすぎて過緊張を起こしてしまった筋(ガンバリ筋)によって引き起こります

JTA療法ではサボリ筋・ガンバリ筋を見つけ出し、サボリ筋を鍛えガンバリ筋を緩めることで正常な関節の動きを取り戻し症状を改善する治療法です

背骨につく腰の弱くなった筋肉(サボリ筋)の代わりに働きすぎて過緊張(ガンバリ筋)が椎間板の内圧を高めているために椎間板ヘルニアが起った、症状を引き起こしていると考え

サボリ筋を鍛え、ガンバリ筋を鍛えることで椎間板の内圧を下げ、症状の改善を狙います

鍼治療

鍼をツボや運動器(筋肉や関節、神経など)に刺す治療法です。ツボを打つことで気の流れを整える考えが一般的ですが、当院は筋肉に打つことで筋肉を緩めたり、神経の集中する部位に打ち反射(生理作用)を利用して痛みや痺れを軽減させるといった考えで治療をしています

鍼と聞くと怖く感じる方も多いでしょうが、原因や症状に応じて鍼の太さや長さを選び患者さんの反応を見ながら丁寧に打っていきますのでご安心ください

背骨につく腸腰筋や多裂筋といったインナーマッスルに直に鍼を打ち筋肉を緩めることで椎間板の内圧を減らし、症状の改善を狙います

症状が強い場合や中々落ち着かない場合はパルス波(電気)を流し、より筋肉を緩めたり、痛みを抑制したりなど患者さんの症状に合わせて治療を行います

タイトルとURLをコピーしました